新しい年。

201712_090

年末に久々に腰を痛めてしまい、あれこれしているうちに
新しい年も20日が過ぎてしまいました。
どれくらいの方がこのイサド通信を見てくださっているのかわかりませんが、
この2018年もいろいろな方との出会いを楽しみに、
また新しい仕事への期待に胸を膨らませて、
工房イサドらしいもの作りに励んでいきたいと思っています。
ご注文、ご相談などもどうぞお気軽に。
 
年頭、というにはだいぶ遅刻してしまいましたが、
本年もよろしくお願いいたします。
 
 
工房イサド
本田淳 直子

201711_234


201711_130


201712_002

無垢里での展示、はじまりました。
今回は特にテーマを設けず、工房イサドの作るものの今を
見ていただけたらと思っています。

古材を使った写真立ても、いろいろご用意しています。

 
201711_156

201711_209

個展までもうちょっと。
ということは、12月までもうちょっとということだ。
今年もあっという間に過ぎる。

201711_107

永井一正さんの本。
突き刺さる言葉がたくさんあって
とてもいい。

カメラのこと

201704_035
 
すっかりごぶさただ。
 
ずっと使っているカメラの調子が悪くなり、前回はお金をかけて修理したのだが、
今回は悩んだ末に新しいカメラを買ってしまった。
これまでのは一眼だったが、今回は結局コンパクトなものにした。
まぁそこそこ撮れるだろうと思ったのだが、やっぱり一眼とそうでないものは
明らかに違うのだなーと仕上がりを見て今さらながら軽いショックを受けた。
写真も表現のひとつであり、思った感じに写らないというのはやはりつらい。
というか、使い慣れた道具はもはや体の一部になってしまっているのだと痛感。
いろいろな効果を狙ったなんとかモードなど機能はたくさんあるのだが、
結局のところ写真は光とレンズ、光学の賜物なんだよなぁ。
さて、どうしようかな。
 
写真は以前に一眼の方で撮ったもの。
寄せ木のドライフラワーベース。
写っているものは全て売れてしまったのですが、
12月の展示では新しいものを出品します。あとひと月になっちゃった。
詳しくは近々お知らせに掲載します。

収穫の秋

201709_157
 
わが家の庭も枝が垂れるほど柿が実り、栗がボコボコ屋根に落ちてきます。
採ってるヒマがないのでせめて鳥などに食べてもらえるといいのだけど。

いよいよ今年も松屋銀座での手仕事直売所が迫ってきました。
額や鏡、お皿にスプーン、オブジェにバッグにスツールなど、
いろいろご用意してお待ちしております。

写真は栗渋染めの器に、赤オクラとゴーヤ・・・って、夏の野菜だな

201709_009
  
姿見/ナラ材・1780×710ミリ
隠れていますが自立用の脚が裏側に付いています。 
 
201709_024
 
当初はかなり難しい仕事だなと思いましたが、ご依頼いただいたお客さまの熱意に動かされてどうにか実現することができました。遊びで作り始めたものが額になり鏡になり、派生していくうちにこういうモノが出来上がる。仕事の面白さを感じると同時に、お客さまからの依頼があることで、自分の考えている範囲を超えて新しいものが生まれる可能性が広がってくるんだなと感じます。

掲載。

Vol26_hyoushi
 
マンションリノベーションをテーマにした雑誌『リライフプラス』26号が発売です。連載中の「イサドの森」ですが、今号は額について、これまでに書いたことやつぶやいたことをまとめた感じになっています。今回は連載が巻末ではなく巻頭に載っているのがちょっと新鮮です。

201707_188

久しぶりに大きなテーブルとイスの仕事。
徳島のアアルトコーヒー庄野さんのご自宅にお届けしました。
昨年7月にご相談いただいてから一年とちょっと、
ずいぶんとお待たせしてしまいました。
 
家具、特にテーブルとイスは家族の中心に長い時間存在するものです。
遠方のお客さまから依頼された用件を満たしつつ、共に長く暮らす道具を
作り出す作業は容易ではありません。これまでコーヒーをいただいたり、
展示などの機会で何度もご夫妻とやりとりを重ねるうちに、すこしづつ
ご家族のイメージが自分なりに見えてきていたのかなと思います。
今までに作ってきた仕事の図面や原寸図と向き合い余分を削り修正を加えて、
無垢の楢(なら)材の持ち味が出るようなダイニングのセットになりました。
  
201707_191
 
引き出しは両側に三杯ずつ。
コーヒーと楢の相性も良い・・・と思いますよ。
 
(写真は工房倉庫にて撮影)

201707_134
 
メリーゴーランド四日市での展示、始まりました。
2011年の秋に京都店の鈴木潤さんに声をかけていただいて以来6年、
ようやく本店にうかがうことができました。
決して大きくはない町で41年間、ずっと町のこどもの本屋さんとして親しまれ、
さらに進化し続けているメリーゴーランド。
じっくり本を選んでいるお母さんとこどもたち、丁寧に対応するスタッフさん、
天井まで届くほどの棚に手に取られることを待つたくさんの絵本たち。
そしてこのメリーゴーランドを作った増田さんにもお会いできたことで、
メリーゴーランドの真髄にすこし触れられた気がしています。
こんなすてきな本屋さんがある伊勢松本、そして四日市のこどもたちが
(大人たちも)実にうらやましい・・・・

うらやましい、なんて言っているだけではなくて、ここのところくすぶっていた自分、
かなりパワーと刺激をもらいました。本当にありがとうございます。
 
201707_139
 
展示は8月14日までです。
近くには湯の山温泉、伊勢志摩など観光スポットもたくさんありますので
夏のご旅行もかねて、ぜひ。

«

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ