4月です。

201904-047

 

あけましておめでとうございます。

と、

書こう書こうと思っていたら、もう桜が散り始めてしまいました。

 

HPのトップに、SNSのアイコンが出現しました。

気づけば自分もいろいろやっております。

発信することは大切ではありますが、

このイサド通信でわざわざ発信するべきことは何でしょう。

 

パソコンに向かいながらキーボードで文を綴る時と、

慣れないスマホで一生懸命人指し指で文字をタッチしながら綴る時では、

思考の流れが違う感じがして、生まれるものも違うような気がする。

原稿用紙からワープロに変わった時も、そういうことが言われていたような気がする。

パソコンもスマホも道具であり、道具を使う手とつながる先に脳があってその人がいる。

何の結論にも向かっていないけど、道具によって少しずつ左右されていく文化というか、

そういうことに興味があります。

掲載。

9784594613594
 
マンションリノベの強い味方、リライフプラス31号が発売です。
地味に連載中の「イサドの森」、今回は「木のはなし」の第二回目、杉について書きました。
書き出すとキリがなくて、削るのが大変でした。
同じ連載陣のワタナベ君(訓練校時代の同期)の、スタンダードトレードの新しいお店も紹介されています。
(オープンおめでとう!)

お知らせ。

日本の日用品と暮らしの贈り物を提案するJOURNAL STANDARD SQUARE。
渋谷本店と日本橋店で、装飾額、鏡、パン皿、ボード類を取り扱っていただくことになりました。
もう店頭にも並んでいると思います。工房イサドを知る方にも知らない方にも、
手にとっていただけたらと思っています。

掲載。

201812_054
 
クレア1月号、森岡書店店主の森岡さんに「毎日使いたい器」というテーマで、
ブレッドボックス/パン箱を取り上げていただきました。

とりごえまりさん。

46146057_2236658756412960_101126354
 
 
とりごえまりさんとの二人展、はじまっています。

とりごえさんは金沢在住の絵本作家さんです。
これまでにたくさんの絵本を出版されているほか、いろいろなお仕事で活躍されています。以前は関東にお住まいでしたが、2年ほど前にご出身地の金沢に戻られました。金沢で作品を発表されるのは今回が初めてになるとのこと。
私とは3年程前に額のご注文を頂いたのがはじまりでした。亡くなったご両親がお若い頃の、小さなモノクロ写真を入れるための小さい額を、というご要望でした。その時は工房までおいでいただき、いろいろなお話をしました。それ以来、何度か額などを作らせていただいています。
今回の展示も初めは額だけの参加のつもりでいたのですが、会場のコラボンさんとのご縁などもあり、額以外の作品も展示する二人展という形になりました。
私もそうですが、とりごえさんも動物や植物などがとてもお好きで、その感じが絵からもとてもよく伝わってきます。これまでも自分が作る額を通じていろいろな画家やイラストレーターの方などと展示をさせて頂いていますが、それぞれの絵の世界と出会うことで、額も印象が変わったり全く違う表情を見せたりします。そこが、いつも本当に面白く感じているところです。

(金沢には一度も行ったことがないので行きたかったのですが、今回事情があって断念・・・残念~!)

掲載。

C0164708_10522634
 
 
発売中のアンドプレミアム。
スタジオ木瓜・日野明子さんに、チーズを切るためのボードとして選んでいただきました。

別府にて。東町温泉

201811_168
 
 
201811_162
 
 
201811_165
 
 
201811_167
 
網中いづるさんの壁画を眺めながらの朝湯は最高です。お湯はかなり熱い。

別府にて。

201811_151
 
 
201811_155
 
 
201811_156
 
 
201811_160
 
 
201811_174
  
やっぱり別府はいいなぁ。

201811_008

 
毎日が転がるようだ。
いや実際、転がっている。
それでもまだ時々は空を眺めたりできているのだから、
たいした転がりではないのだろう。

10月。
 
201810_088
 
 
201810_156
 
 
201810_195

«

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ