母の子どもの頃

終戦記念日だ。

 

この日が来るたびに母が書いた短い文章のことがちらちらと頭をよぎるのだが、

母が亡くなった訳でもないしと、これまでどこにも書いたことがなかった。

私の小学校の時の卒業文集。

他の級友のお父さんやお母さんがみんな

「卒業おめでとう。早いものでこの間入学したと思ったら、もう卒業ですね。」

という調子で文を寄せている中で、私の母の文だけが全く違っていて、私にはそれがすこし恥ずかしかった。

おかあさん、なに書いてんだよう

でも今は、母が私の卒業文集にこれを書いた意味がわかるような気がする。

それは私も人の親になったからだろうか。

ちょうど40年なので、ここに記しておこう。

 

 

「自分の子どもの頃」  本田光代  

 

子ども心に印象深かった疎開先での思い出についてだったら何とかまとまるかしら、と書いてみる気になりました。

昭和十八年頃父は、ジャワ・ボルネオ・スマトラ方面にいるらしく、母は祖母と私達兄妹四人を危ないからと宇都宮の奥の農村に疎開させました。そこでの生活は今までの都会での暮しとは違い、山を開墾して祖母と畑に野菜を作り、小学四年生と六年の兄二人だけで父の郷里の福島まで食糧の買出しに行ったりと親も生きるのに必死でしたから、子どもなりに嫌でも仕事の分担をしていたと思います。母が東京の家から私達に会いにきてくれる毎月の月末の土曜日の日が待ち遠しくて、夕靄のたちこめる頃、遥かな田圃のはずれにポツンと人影が見えると走って走って「おかあさ~ん」と呼びながら胸に飛び込んでいったものでした。その晩は五時半頃にはランプを消して(まだ電気がひけていない所なので)家族六人が床に入り真暗な中で「叱られて」「里の秋」をうたってもらったり「おむすびころりん、すっとんとん」と優しい声でお話してくれたのがありありと思い浮かびます。日頃、そばにいてやれない埋め合わせの気持もあったのでしょうが、三十才の母にとってもホッと心なごむ一時だったのでしょう。翌日、又勤めがあるので帰って行く、そんな三年間でした。

父が南方から復員したのを機に、前に住んでいた品川の五反田ではありませんでしたが、ひとまずここに見つかったからと足立の住人になりました。後年、私が高校一年の夏休みに内職の手伝いとアルバイトで汽車賃を貯めて妹と二人で疎開先を訪ねました。親戚の人や懐しい同級生に会い、つもる話をしてきました。「何んて平和っていいんだろう」とつくづく思いました。

子ども達にはあの悲惨な「学童疎開」や戦災の体験などさせたくない、自分達の世代だけで沢山だと思うので、折にふれて話すのですが、忙しい当時の母よりも、今の私の方が、子ども達が三十五年たっても忘れないでいる程、心の奥での「ふれあい」がないのではないかと疑問に思っているこの頃です。

 

1980年度足立区立小学校六年三組卒業文集より

新年。

201912-285

 

あけましておめでとうございます。

 

いつになくあたたかい冬ですが、雪不足も伝えられ、

ちょっと心配でもあります。

遅まきながら、家族で初詣に行き、

いろいろなことをお願いしてきました。

健康で、作り続けていられることに感謝です。

良い年になりますように。

家の具。

84

 

家具、道具、絵の具。

 

本来の「具」とは、何かをするために使うものの意ですが、

「家の具」はそういうものに留まらない。

たとえば、お味噌汁の具、みたいなイメージ。

もうすこし自由度が高い感じです。

用、無用は問わず、家の中での暮らしを構成するもの。

夏の海辺で拾ってきた石ころ、森で拾った木の実、

そういうものたちも、家にやってきた瞬間から、

家の具になるのです。

好きなものを飾ることで、すこしづつ何かが変化する。

 

 

広島での初個展です。

新作の鏡や額、お皿やお盆、カトラリー、オブジェなど、

「家の具」となる作品を展示販売いたします。

また、広島在住の画家nakabanさんによる、

「家の具」をイメージした絵も数点展示します。

  

題字:nakaban

4月です。

201904-047

 

あけましておめでとうございます。

と、

書こう書こうと思っていたら、もう桜が散り始めてしまいました。

 

HPのトップに、SNSのアイコンが出現しました。

気づけば自分もいろいろやっております。

発信することは大切ではありますが、

このイサド通信でわざわざ発信するべきことは何でしょう。

 

パソコンに向かいながらキーボードで文を綴る時と、

慣れないスマホで一生懸命人指し指で文字をタッチしながら綴る時では、

思考の流れが違う感じがして、生まれるものも違うような気がする。

原稿用紙からワープロに変わった時も、そういうことが言われていたような気がする。

パソコンもスマホも道具であり、道具を使う手とつながる先に脳があってその人がいる。

何の結論にも向かっていないけど、道具によって少しずつ左右されていく文化というか、

そういうことに興味があります。

掲載。

9784594613594
 
マンションリノベの強い味方、リライフプラス31号が発売です。
地味に連載中の「イサドの森」、今回は「木のはなし」の第二回目、杉について書きました。
書き出すとキリがなくて、削るのが大変でした。
同じ連載陣のワタナベ君(訓練校時代の同期)の、スタンダードトレードの新しいお店も紹介されています。
(オープンおめでとう!)

お知らせ。

日本の日用品と暮らしの贈り物を提案するJOURNAL STANDARD SQUARE。
渋谷本店と日本橋店で、装飾額、鏡、パン皿、ボード類を取り扱っていただくことになりました。
もう店頭にも並んでいると思います。工房イサドを知る方にも知らない方にも、
手にとっていただけたらと思っています。

掲載。

201812_054
 
クレア1月号、森岡書店店主の森岡さんに「毎日使いたい器」というテーマで、
ブレッドボックス/パン箱を取り上げていただきました。

とりごえまりさん。

46146057_2236658756412960_101126354
 
 
とりごえまりさんとの二人展、はじまっています。

とりごえさんは金沢在住の絵本作家さんです。
これまでにたくさんの絵本を出版されているほか、いろいろなお仕事で活躍されています。以前は関東にお住まいでしたが、2年ほど前にご出身地の金沢に戻られました。金沢で作品を発表されるのは今回が初めてになるとのこと。
私とは3年程前に額のご注文を頂いたのがはじまりでした。亡くなったご両親がお若い頃の、小さなモノクロ写真を入れるための小さい額を、というご要望でした。その時は工房までおいでいただき、いろいろなお話をしました。それ以来、何度か額などを作らせていただいています。
今回の展示も初めは額だけの参加のつもりでいたのですが、会場のコラボンさんとのご縁などもあり、額以外の作品も展示する二人展という形になりました。
私もそうですが、とりごえさんも動物や植物などがとてもお好きで、その感じが絵からもとてもよく伝わってきます。これまでも自分が作る額を通じていろいろな画家やイラストレーターの方などと展示をさせて頂いていますが、それぞれの絵の世界と出会うことで、額も印象が変わったり全く違う表情を見せたりします。そこが、いつも本当に面白く感じているところです。

(金沢には一度も行ったことがないので行きたかったのですが、今回事情があって断念・・・残念~!)

掲載。

C0164708_10522634
 
 
発売中のアンドプレミアム。
スタジオ木瓜・日野明子さんに、チーズを切るためのボードとして選んでいただきました。

別府にて。東町温泉

201811_168
 
 
201811_162
 
 
201811_165
 
 
201811_167
 
網中いづるさんの壁画を眺めながらの朝湯は最高です。お湯はかなり熱い。

«別府にて。

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ