« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

注文の多い家具店

個展も3日目が終わりました。

今日は額が数点売れました。
中でも2年前に無垢材をくりぬいて苦労して作った額を
画家の方が一気に3点まとめて買って下さったのがとてもうれしかったです。
なかなか売れなかった額なんですが、
やっぱりきちんと作ったものはいつかそれを気に入ってくださる方に
巡り合うんだなあと実感しました。
だから展示会が終わって売れ残っても、
それはたまたまそれらを気に入る人が5日間に
現れなかっただけなのだと、そう思うことにします。

満載。

明日は日吉の個人邸と、目黒のおすし屋さんに納品です。
ひさしぶりにハイエースの荷台満載です。
ひさしぶりの東京横断です。
後ろが見えなくてちょっと怖いけど。
ここんとこ腰がいたいので
運転がつらいかもしれん。

個展前のちょっとした気分転換に
なるかな?

展示会。

数年前に独立した時には、まさか自分がこんなに頻繁に
展示会のようなものをやるとは思ってもいなかった。

家具作家の展示会なんかも、
どこか遠い人の遠い作品のように思っていた。
作家的なものにちょっと嫌悪感があったりもした。

でも最近は職人とか作家とか、芸術とかクラフトとか
そんな括りはもうどうでもよくって、
作っている事がとにかく楽しい。
全てをほっぽり投げて没頭していることで静かに高揚している。
素材と技術、脳みそと手触り、もろもろの格闘が静かに行われている。

長年温めていたものをいざ作ってみたら大したことなかったり、
急に思いついて組み合わせてみたらすごく良かったり。

残り少ない人生の中で、
どれほどのものが作れるのか。
またどれほどのものをぶち壊すのか。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ