« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

花市おわりました。

まずは、花市にご来場いただきました皆さん、ありがとうございました。
今回は、前回のもみじ市に比べたら結構ひとりひとりの方とじっくり(でもないけど)
お話ができたような気がして、充実感のある2日間でした。
それでも中にはゆっくりお話できなかった方もいると思います。ごめんなさい。

200804_076

新緑の鮮やかな泉龍寺に、持ち込んだひとつひとつの家具や雑貨を置いていく。
ふだんはショウルウムや倉庫などに窮屈に置かれている作品たちが
この2日間だけ、なんだか生き生きのびのびとしているようでした。
なかなかお嫁入りしなかった子(作品)のお嫁入りが決まったり、
新しい人と人とのつながりができたり、うれしいことがたくさんありました。

今回は実家の新築工事が重なってしまい、
花市に出そうと考えていたものがあまり作れず、
自分でも残念でしたが、お客さんにも申し訳ない感じがありました。
それでも多くの方からうれしいお言葉をいただいて、すごく感激でした。
作り手として、まだまだまだまだ精進しなくてはと思いました。

200804_083

いつもながら、このイベントを支えてくれている多くの人々、
主催者の皆さん、スタッフの皆さん、手伝ってくれたイサドファミリーに
この場を借りて感謝します。どうもありがとう。

もうすぐ花市。

200804_063

早いものでまた花市がやってきます。

今回で3回目の参加になるんですが、
なんだかいつもテンパってて、あんまり周りのこととか
覚えてないんですよね。

今日は一日中、作ったものに値段をつけていました。
「いくら作っても作りすぎということはない」
なんだか中学生の英語の解答みたいですが
それにしても作りすぎかな?(笑)
今日終えるはずの作業が終わりませんでした。

市というのは、即売で、お客さんとも直に話ができる。
青空の下、ギャラリーなどとは違う光線でモノが照らされる。
考えてみれば極めて当たり前のことだ。

P1010300_1

会場となる泉龍寺では、江戸時代に古着商の人たちによって
市が開かれていたとのこと(写真は昨年の花市HPより)。
遠い昔に、同じようにモノの値段で悩んでいた古着屋さんが
いたに違いないと、ニヤリとしている私であります。

なんていってる場合じゃなくて、
まだ値段付けが・・・。

テーブル。

200804_036

渋谷の東横線ガード脇にオープンするバーのテーブルを作りました。

「作りました」って、えらそうに聞こえるかもしれませんが。

最近「○○させていただきました」とかいうのがすごく多くて、
まあ、自分もHPのあちこちで使ってるんだけど、なんだかずっと違和感があって・・・・。
ラジオで新人の歌手がインタビューされてて、
もう「させていただきました」連発でなにがなんだか訳がわからない(笑)
へりくだればいいってもんでもないだろ!という感じです。
とりあえずへりくだっとけば大丈夫、みたいな。
今一番気になる言葉使い。

ああ、なんだか偏屈ジジイのようだ。
でも、言葉というのはそういう微妙なところが肝であり
命取りにもなる。

ハナシずれましたが。

結局はなるべくしてなった感じの仕上がりになったタモのテーブル。

お店の名前は「Li-po(リーポー)・・・尊敬する偉大な詩人、お酒と旅をこよなく愛する李白に因んで名づけました。お仕事のあとに、宴会のあとに、ちょっと一息つきたいときに、お一人でもお気軽にお立ち寄りください」(DMより)。

以前勤めていた会社の先輩がはじめるお店です。
そういう意味では「作らせていただいた」が正しいんですが(笑)
22日オープン。

「Li-po」
渋谷区渋谷3-20-12 Sunx Prime Bld 2F

東京タワー(潜入ルポ的な)。

48万円。

ピラニアの値段である。

東京タワーの真下にある水族館の
薄汚れた水槽の中にいるピラニア1匹の値段である。

息子が東京タワーを見てみたいというので
急遽仕事を休みにして、行ってきた。
いざとなると、どこの駅で降りればいいのかも知らなかったりする。
おのぼりさんである。

ダイナミックなタワーの橋脚部分に感動し、
パシャパシャとシャッターを切る。
(この日はアナログカメラしか持っていかなかった)。

お腹が空いたので、2Fあたりのそば屋にでもと思ったが
・・・・誘惑に負けて1Fの「タワーレストラン」に敢えて潜入。
いまどきこのテーブルクロスにこのイスかよ!
おまけに全体を包む学食のような雰囲気・・・。
そして・・・・期待通りの味(笑)。
それにしても、お子様ランチのプレートが「巨人軍」で、
旗が「アメリカ星条旗」なのはなんとかならんのか、東京タワー!(笑)

東京のド真ん中の超有名観光スポットであるくせに
六本木ヒルズのレストランなどでは決して味わえないものが
ここには存在していました。
(だからといって、決しておススメしているわけじゃありませんので・・・)

で、そのあと水族館に入ることに。大人1000円。
どうせ子供だましのお魚コーナーだろ、
という感じで仕方なく入る。
が、しかし。
入り口の展示物からしてなんか違う。
へんなカエルがじっとこっちを見たまま動かない。
ていうかここはペットショップ?
そう、ここは展示されている生き物たちに値段がついている
水族館なのでした。
『日本美術応援団』で赤瀬川・山下両氏が、「美術館の作品に値段を
表記しておいたら面白いのに」というようなことを言っていたけど、
ここはまさにそれをバリバリにやっている感じ。

それにしてもウツボが多い。なぜウツボ。
ていうか、グロテスクなニョロニョロ系が多い。
水槽も薄汚れているし。
なんだか狭いところにグロいのがうじゃうじゃ詰め込まれている感じで
出る頃にはもうかなりゲンナリな感じです。
ま、私は好きなんですが。

で、48万円のピラニアを見つめながらいろいろ考えたわけです。
(値段は記憶違いかもしれません)

なんだか不思議な磁場が発生しているに違いない、と。
東京タワーの、真下にしか発生していないもの。
ピラミッドパワーみたいな(懐かしい!)

帰ってきてから妻が言うには
「東京タワーは、もう『東京タワー』というだけで日本中・世界中から人が来るから、
なにも努力する必要がない。そうなると、ああなるんじゃないの?(笑)」


久しぶりに刺激的な旅でした。

青い花。

200804_010

庭にムスカリが咲いています。

春ですね。

なんだか忙しくて、イサド農園もほったらかし気味・・・。

ジャガイモ植えたけど、まだ生えてこないし・・・。

越冬したイチゴは、なんだか元気がない・・・。

3年前ぐらいに買った種も、蒔いてみたけど生えてくる気配すらない・・・。


やっぱり片手間でやることはダメだな~。


でも土をいじってるのは楽しい。

だから、エアーギターじゃないけどエアー農園でもいいかな。

ただ耕してるだけ。


想像の種を植えて、想像の花が咲き、想像の実が成る。


さて、どんな味がしますかね。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ