« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

壁と人。

家というのはいろいろなものでできている。
家の内部のほとんどを構成する垂直面は「壁」である。
そのことをふだん意識しているようであまり意識していなかった。
なぜならこれまで私が住んできた家の壁は、
たぶんすべて職人による見事な仕事の結果であり、
ほとんど主張のない壁だったから。

昨日は、イサド家の新居となる古い家の壁を塗り直す日でした。あそこもここもと、なんだかんだで100㎡以上を塗ることになってしまい、こりゃ頭数が必要だわいと声をかけまくって集まってくれたのがなんと総勢18人(コドモ含む)。3連休の最終日というのに、本当にありがたい事です・・・。感謝。
私自身が漆喰塗り初体験ということもあり、準備不足や前日の下地塗りでのトラブル(?)やらいろいろあって当日はテンパりまくっていましたが、集まってくれたみなさんはそんなあたふたする私を尻目に黙々と塗り作業に没頭していました。
それぞれが選んだ壁に対してコテで漆喰を塗りつける。ただそれだけなのに、どれも違う表情の壁がどんどん生まれていってそれがなんとも面白い。どの状態でよしとするか、どこでやめるかなど、壁ぬりはいろいろな選択を迫られる人生の縮図のようです、といったら大げさかな。

201003_060

準備段階からいろいろとアドバイスをしてくれた丸林さん。床の間に向かう姿がライブペインターのよう。当日は年季の入った釜でおいしい豚汁も作ってくれました。ダンナさんの聡プロには、一番重要な家の顔となる部分を担当してもらいました。このふたりはやはりコテさばきが全然違いましたねー(あ、プロとか勝手に言っちゃってますが、左官屋さんではありません。彼らはへなちょこな私などとは違って、すごいセルフビルダーなのです。詳しくはこちら

201003_063

東京から参戦してくれた手紙社組のみなさんとごはん屋「ヒバリ」のセイコちゃん。彼女の壁はやっぱりおいしそうな仕上がりでした。

201003_066

トミヤマくんは、一番の難所である洗面所を一日かけてロックな仕上がりにしてくれました。パートナーのトモミさんともども、本当におつかれさま!

他にもチルチン女子隊や姉&姪などたくさんの応援に支えられ、なんとか予定の壁面すべてを塗り終えることができました。まだまだ完成には程遠いですが、それぞれの壁に塗り込められた(?)パワーをもらいながら、引き続き家を作っていきたいと思っています。どうもありがとうございました!

いろいろたいへん。

いろいろたいへん!なのですが、
そんな状態にも慣れるものですね。
毎日がスペシャル(by竹内まりや)
はーこりゃこりゃ。

自宅のリフォームがいよいよ佳境に入ってまいりました。
仕事そっちのけであれこれやっております。
家というのはたいへんです。
家具のご相談や小物のご注文も各方面からたくさんいただいているのですが、
なかなかご期待に沿えず、お待ちいただいたりしていて・・・
ほんとうに申し訳ないです。
今月がヤマ場です。もうすこし。たぶん。

201003_045

3月末~4月あたまにかけて、自宅を引っ越します。
パソコンが使えなくなりますので、メールなどのご返事が
遅くなる、あるいは返事がない、という状況になると思います。
なにとぞご理解を。

K君の言葉。

ここ数ヶ月、

と書いた時点でボヤキがはじまっているのでやめよう。

昨年メモしておいたK君の言葉が力をくれる。
曇りがちな気持ちがすこし晴れる。

良い挫折をなかなかさせてもらえない世の中です。良い失敗をさせてもらえない世の中です。それでも僕たちは、走らなければならない。「自らを表現することで生きてゆく」という道を選んでしまったのだから、全力で走らなければならない。決勝はもちろんのこと、1次予選も2次予選も、全力疾走をしなければならない。挫折を恐れたり失敗を恐れたなら、全力疾走などできるはずがない。全力疾走の結果として、挫折や失敗が訪れたのなら、それこそが自分を成長させてくれるものなのだと、信じなければならない。全力疾走できるグラウンドがないならば、それが実現できるグランドを必死に見つけなければならない。「ごはん」を食べることを前提にしてはいけない。どうせ「ごはん」を食べなければ生きていけないのだから、自分が全力疾走できて、「ごはん」を食べられるグランドを見つければいい。どうしても全力疾走できるグランドが見つからなければ、自分で作ればいい。考えて、考えて、考えなくてはいけない。それでも考えつかなければ、考えつくまで考えればいい。自分がやりたいと思うことをやらなければいけない。自分が楽しいと思うことをやらなければいけない。そう思うことを決して恥じてはいけない。曇りがあってはいけない。情熱に、曇りがあってはいけないのだ。
                        
                       今日のお手紙「2009年12月某日のお手紙」より

201002_079_2


行き先の見えない船を
ただ闇雲に漕いでいるだけだったが
なんだかすこしづつ
何かが見えてきたような気がする。

もう春だなぁ。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ