« いろいろたいへん。 | トップページ | しんちょくじょうきょう。 »

壁と人。

家というのはいろいろなものでできている。
家の内部のほとんどを構成する垂直面は「壁」である。
そのことをふだん意識しているようであまり意識していなかった。
なぜならこれまで私が住んできた家の壁は、
たぶんすべて職人による見事な仕事の結果であり、
ほとんど主張のない壁だったから。

昨日は、イサド家の新居となる古い家の壁を塗り直す日でした。あそこもここもと、なんだかんだで100㎡以上を塗ることになってしまい、こりゃ頭数が必要だわいと声をかけまくって集まってくれたのがなんと総勢18人(コドモ含む)。3連休の最終日というのに、本当にありがたい事です・・・。感謝。
私自身が漆喰塗り初体験ということもあり、準備不足や前日の下地塗りでのトラブル(?)やらいろいろあって当日はテンパりまくっていましたが、集まってくれたみなさんはそんなあたふたする私を尻目に黙々と塗り作業に没頭していました。
それぞれが選んだ壁に対してコテで漆喰を塗りつける。ただそれだけなのに、どれも違う表情の壁がどんどん生まれていってそれがなんとも面白い。どの状態でよしとするか、どこでやめるかなど、壁ぬりはいろいろな選択を迫られる人生の縮図のようです、といったら大げさかな。

201003_060

準備段階からいろいろとアドバイスをしてくれた丸林さん。床の間に向かう姿がライブペインターのよう。当日は年季の入った釜でおいしい豚汁も作ってくれました。ダンナさんの聡プロには、一番重要な家の顔となる部分を担当してもらいました。このふたりはやはりコテさばきが全然違いましたねー(あ、プロとか勝手に言っちゃってますが、左官屋さんではありません。彼らはへなちょこな私などとは違って、すごいセルフビルダーなのです。詳しくはこちら

201003_063

東京から参戦してくれた手紙社組のみなさんとごはん屋「ヒバリ」のセイコちゃん。彼女の壁はやっぱりおいしそうな仕上がりでした。

201003_066

トミヤマくんは、一番の難所である洗面所を一日かけてロックな仕上がりにしてくれました。パートナーのトモミさんともども、本当におつかれさま!

他にもチルチン女子隊や姉&姪などたくさんの応援に支えられ、なんとか予定の壁面すべてを塗り終えることができました。まだまだ完成には程遠いですが、それぞれの壁に塗り込められた(?)パワーをもらいながら、引き続き家を作っていきたいと思っています。どうもありがとうございました!

« いろいろたいへん。 | トップページ | しんちょくじょうきょう。 »

暮らし」カテゴリの記事

コメント

イサドさん!こんにちは!
壁塗り、お疲れさまでした。広いお家うらやましぃ〜です!!
それは、そうと、壁塗り、私、メチャクチャ得意だったのに!!
染め物の糊を置く作業と全く一緒なんです!!
次、何かったら是非お声掛けを!!

katakataさん
あらら。そうだったのねー。
サイタマ方面を中心に声かけてたんだけど・・・
まぁ結局東京からもたくさん来てくれちゃったけど。
またいずれやると思う(?)ので、その時はぜひ。

なんか、参加しなかったのが
めっちゃ悔しいんですけど。
休んでる場合じゃなかった・・・・

壁塗り参加したかったですー。
技術は未知数ですが、やる気だけは持っていくんで、
是非声かけてくださーい。

初めまして。こんにちは♪
お店のお客様のお話に「イサド」さんが登場しまして、ちょっとサイトを覗いて見ました。
自然な木を使った家具や小物、とても素敵ですね。

でも、松伏から杉戸へ移られてしまって・・・残念。
一度工房も見せていただきたいですね。

てぃえさん
いやー休むのも必要ですよ。
休みたい・・・。

ウチヤマさん
未知数って、いい言葉ですね。

coffee windsさま
はじめまして。
まだ来週ぐらいまでは松伏に住んでますよ。
いなげやにもダンボールもらいに行ってます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壁と人。:

« いろいろたいへん。 | トップページ | しんちょくじょうきょう。 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ