« お母さんは毎日子供のためにできるだけ安全な食材を探しています。 | トップページ | あがたの森。 »

もうすぐ松本。

201105_120


なんだか天気が悪そうだなぁ・・・

荷物がほぼ積み終わった。
明日出発する。

今回はテントを借りるので、なんだか初めて参加するような気持ちだ。
モノは・・・もうすこし作りたいものがあったけど、間に合わなかった。
まぁ、スペースの問題もあるのであきらめよう。
(いつもたくさん持っていきすぎ・・・)


あらためて、フェアのパンフレットの言葉を読み返す。

世界はバラバラになりすぎた  生命はもっと単純なものだ

私たちの目的は、世界の隅々で社会の諸々の制約と束縛にさらされ、
撓められている生命の慰安と、本来持つすぐれた特質の向上を見い出すことにある。
この催しは、「日々の暮らしの中で、その生命の健やかな力強さを推し進めよう」と、企図している。
年に一度、五月の陽光と薫風満ちる広場には、個性あふれるクラフトマンが集い、
それぞれの展示がなされ、人々の出会いと共に、新たな空間が創造される。

今年は陽光と薫風には恵まれないかもしれないけど、

「生命の慰安」に、すこしでもなれるだろうか。

« お母さんは毎日子供のためにできるだけ安全な食材を探しています。 | トップページ | あがたの森。 »

木工というお仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ