« あと2日。 | トップページ | 今後の予定。 »

余韻。

柳宗悦展。

沖縄糸満の漁師が使っていたという、海水をかき出す道具。
素朴ですぱっと切れのある造形に目を奪われる。

アイヌ独特の文様が施された木綿の衣裳。
本などでは見ていたが本物が見られて感無量。
この衣裳は、アイヌ語のアットゥシがなまって厚司(あつし)とよばれている。
僕の名前もあつしなので、さらに意味もなく喜ぶ。

木喰仏。やさしい表情と、時代を経たテカテカの木肌がいい。


****


「作家の立場は難行の道だ。意識に基づくからとかく病が多い。自力の道は並大抵ではない。個人陶で古来秀でたものが少ないのはそれを語っていよう。君もよく知りぬいているように、真に美しい作物のほとんどすべては作者が知れない(柳宗悦)」 
(三谷龍二さんの本『遠くの町の手としごと』での引用からの引用)


****


民芸、手仕事、クラフト、美術、工芸、アート、工業品・・・・
モノをくくるための言葉はたくさんあるけれど、
僕が作りたいものは、どれにもとらわれず、どれにも影響を受け、どれでもある・・・。
それが、強いて言えば「イサド」にあるもの、になればいいなと思う。

「作家の立場は難行の道だ。」

さあ明日もがんばろー。

« あと2日。 | トップページ | 今後の予定。 »

木工というお仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ