« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

堤清二さん。

堤清二さんが亡くなった。

そういえば自分の母が昔西武に勤めていたという話を思い出して、別の用事もあり、久しぶりに電話をしたら面白い話が聞けた。

母は高校卒業後の昭和31年から38年に結婚して辞めるまで西武百貨店に勤めていた。当時母は足立区保木間に住んでおり、そこから池袋まで通っていた。当時売り場を拡張していた池袋店では大幅に人員を増やす計画で、3000人の応募があったそうだ。堤さんは前年の30年に取締役店長として就任していた。衆議院議長だった父である堤康次郎が毎朝革靴をギュウギュウ言わせながら店内を見回るのとは対照的に、店長さん(堤清二のことを母はこう言う)は下を向いたまま売り場をすり抜けるように回っていた。そんな様子でも売り場のことは細かいところまで把握していたそうだ。母の就職を喜んだ母の父(僕の祖父)はいきなり店長室に行き、直接堤さんにお礼を言ったという。母はとても恥ずかしかったそうだ。母は書籍やベビー売り場にいたが、後半は望んで事務職にしてもらった。その時の職場の隣が店長室で、社員食堂では堤さんと同じテーブルになることもよくあり、堤さんは皆と同じ当時25円のラーメンを食べていた。えらぶるところの全くない人だったという。

僕は1990年にパルコに入社。堤さんは91年には代表を辞任しているので重なったのは1年だけ。もちろん堤さんは雲上の人で、直接お会いしたこともないが、配属となった宣伝部ではCI戦略会議?などで堤さんに諮る会議(当時「御前会議」とか言っていたような・・・)が近づくと、上司や先輩があたふたしていたのを思い出す。新入社員の自分は訳もわからずただ上司の書いた資料原稿をワープロ打ちしたりしていた。

最近になって回顧録などを読むごとに当時はそういうことだったのか・・・などと、判ったような気になっている。
ご冥福をお祈りします。


*****


きのうフェイスブックに書き込んだものですが、なんとなく「イサド通信」にも載せたくなったので、転載しました。若干加筆・修正。

コノキナンノキ。

Photo

仕事柄、常に木というものと向き合っているので、木について考えることが多いです。というか、木のことばかり考えていないとこの仕事はやっていけない気がします。好きで集めてきたとはいえ、この10年で気づけば30種類以上もの材を所有するようになっていました。それぞれの特徴や特性を見ながらいろいろなものを作っていますが、最近特に意識するようになったのは「生き物としての木」についてです。

広葉樹・針葉樹、産地、硬軟などの分類によって、ある程度その樹木に関する情報は頭に入っていますが、実際にひとつひとつの木に触れていると同じ木でもずいぶんとちがう印象を持つ場合があります。僕の場合は特に古材やデッドストック材なども使うのですが、それらは長い時間を経てきている分、その木材が持つ何か特徴というか個性というか、そういうものがより強くにじみ出ている気がして、単なる「素材」としてではなく、かつて生きていたもの、「存在」として僕に静かに迫ってきます。

木の実というのは、樹木という生物がそれぞれ結実させた子孫を残すための結晶であり、ある意味その樹木の特徴を全て抱えているもののような気がします。冬越しのために木の実を蓄える森の動物のみならず、僕ら人間たちも木の実を見つけると拾わずにはいられません。これらの行動はまさに遺伝子に組み込まれているのかもしれません。僕自身木の実は大好きで、なんでこの木はこういう形の実をつけるのだろうとか、考えたり眺めたりしている時間がとても好きなのです。

今回の展示では、実をつける代表的な木を数種類使っていくつかの生活の中の物を作ってみました。初めて使う林檎の木は、青森のリンゴ農家さんの木を弘前の木工家の方が製材・乾燥したものを縁あって譲って頂きました。また以前から使ってみたかった栗は、9月の盛岡の展示で知り合った方からの紹介で手に入れることができました。リンゴは少し匂いがあり、また暴れん坊の気配を感じさせていましたが、削ってみるとしっとりと色っぽく、その実を思わせる赤みがとてもきれいです。栗は、木目も質感も自分好みで、サクサクと歯切れよく、作っていてとても気持ちがいいものです。いままで触れることのなかった材を使うことはとても新鮮で、まだまだこの仕事は楽しくて奥が深いなと実感したのでありました。

今回のDMは、デザインとスタイリングディレクションをmi'ndyさんにお願いしました。写真は僕が撮りましたが、全体のイメージプランなどは全てmi'ndyさんのコーディネートによるものです。自分たちだけではできない世界を表現してもらえて、とても気に入っています。mi'ndyさんには5年前の展示「イサド式。」でもDMを作っていただいたことがあります。mindy-designとしての多岐にわたる仕事っぷりや独特の作品、活動など、その才能と世界観に惹きつけられます・・・。


まだまだ製作途中で、作りたいものが間に合うかどうか心配ですが、とりあえず今の時点で書けることを書いておこうと思いました。

掲載。

Vol13_hyoushi

リノベーションをテーマにした扶桑社の雑誌「リライフプラスvol-13」が発売中です。
毎号地味に連載中の「イサド新聞」は、9月に展示で訪れた盛岡の町をレポートしています。
次ページのスタンダードトレード渡邊くんのイタリア出張のハナシも切なくて考えさせられます。
前回も紹介しましたが、編集担当の君島さんの日記も、取材ウラ話などがのっていて面白いです。

齊藤十郎さんの仕事。

201310_028

9月の手仕事直売所で手に入れた齊藤十郎さんのオーバルの深皿。
届いたDMには「老僧のような」という表現がされていましたが、まさに奥深さを感じるうつわです。
眺めているだけでも楽しいです。我が家ではまずカレーをたっぷりと盛りました。
明日から目黒SM-gで個展「齊藤十郎の仕事」がはじまるようです。
スリップウェアは好みが分かれると思いますが、僕はとても気に入っています。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ