« 別府にて。 | トップページ | »

別府Spicaでの展示が終わりました。
在廊中はたくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。
遠く離れた場所での展示、実は内心かなり不安でもありましたが、
初日からたくさんの方々が手に取ってくださっているのを見て、
どっと肩の荷が下りたというか・・・ホッとしました。
小さいけれど、自分がひとつひとつ作ってきたものが、
いろいろな人の手に渡っていくことの不思議さ、ありがたさを
今回もあらためて、しみじみかみしめました。
出会いの場を作ってくれたSpicaのおふたりに感謝です。
 
そして、もうひとつのお楽しみ・・・。
温泉三昧にお酒、お刺身、天丼、蒸し豚、冷麺・・・
いやいや何しに行ったんだっけ・・・
別府・大分で活動されている作家さんたちとも飲む機会を作っていただき、
とても実りのある宴会(?)となりました。
別府はやさしい印象の方が多いですね。
 
今回は前のりで一度行ってみたかった日田にも行ってきました。
小鹿田焼の里では窯元の軒先に無造作に置かれた器たちにひとり興奮し、
夜は「日田リベルテ」という映画館を運営されている原さんとお会いし意気投合。
いい町にはいい人がいるなぁ・・・いや、いい人がいるからいい町なのか。
焼きそばも餃子も実においしかった。
久しぶりにひとりで観た映画『しあわせへのまわり道』も実によかった。
小鹿田も日田も、まだまだ見ていないところがたくさんで、
こんな数行の拙い自分の文章ではまったく書ききれないし、
またぜひ行きたい場所となりました。

« 別府にて。 | トップページ | »

木工というお仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ